岩手県南<盛岡・花巻・北上・奥州・平泉・一関・大船渡・陸前高田>・宮城県北の【ニュース・生活・ショップ情報満載】

エコの話

IEL(一関地球温暖化対策地域協議会) 運営委員 鈴木 智道

トイレのエコ

年末に大掃除をしたおかげで、ゆっくり正月を迎えることができました。今回は、大掃除で気が付いた事をお話しします。
あるインターネットの情報ですが、トイレには意外に気が付かないエコや、健康に関するエチケットがある事をご存知でしたか?
まずはエチケットについて。便座のふたが開けっ放しになっている事はありませんか? 最近の研究で明らかにされてきたのですが、ふたを開けた状態で水を流すと排せつ物に蓄積されているウイルスが室内に拡散する比率が高く、その拡散状態は90分ほど続くとのこと。当然、ふたを閉めて流すと、その量は少ないそうです。この季節、ノロウイルスやインフルエンザなどが流行しますので気を付けたいですね。
次にエコについて。便座に保温機能が付いた製品は電気代が掛かりますが、便座が冷えにくければ電気の使用量は下がります。使用しない時にふたを閉めれば保温効果が上がるため、電気代の節約になります。
便座のふたを閉めることは、エコはもちろん、病気の予防にもつながり一石二鳥です。

■バックナンバー

2016年1月29日
トイレのエコ
2015年11月20日
紫波町「循環型まちづくり」を見学
2015年8月7日
ドイツのスーパーマーケット
2015年5月29日
桜の話
2015年3月27日
掃除のエコについて
2015年1月30日
続・究極のエコカー
2014年11月28日
海外のエコについて
2014年9月26日
究極のエコカー
2014年7月25日
環境製品について
2014年5月23日
市民による手作り太陽光発電所

 次のページ

詳細はこちら

岩手日日新聞社

IWANICHI ONLINE RSS

RSS購読の登録はこちら

いわにちリビング モバイル いわにちリビング お得なクーポン