岩手県南<盛岡・花巻・北上・奥州・平泉・一関・大船渡・陸前高田>・宮城県北の【ニュース・生活・ショップ情報満載】
リビングルメ

鶏そば

鶏のうま味を生かしたこだわりの一杯

素材選びはもちろん、スープの温度管理まで気を配る研究熱心な店主が作る人気の「鶏そば」。麺はつるりと喉越しのいい自家製平打ちストレート。こだわりのスープは、秋田比内地鶏と青森シャモロックから取るだしに4種類の生じょうゆ、2種類のたまりしょうゆ、リンゴ酢、和三盆を使い、数日間寝かせた「かえし」を合わせて作られている。麺をすすれば、しょうゆのまろやかな風味と鶏の芳醇(ほうじゅん)なうま味とコクが口いっぱいに広がる。あっさりしているのに奥深い味わいで、最後の一口までおいしい。

写真/
豚と鶏の自家製チャーシューが乗った「鶏そば」(700円)。他に「煮干しそば」(700円)、「塩らあめん」(700円)、「中華そば」(680円)もある

詳細はこちら

フレンチトースト

福田パンで作るホテルオークラ式フレンチトースト

コッペパンでおなじみ、福田パンの食パンを使ったカフェタイム限定の新デザート。4枚切りの分厚い食パンを卵液に6時間以上浸し、オーブンでじっくり焼き上げるホテルオークラ式のレシピで仕上げたフレンチトーストは表面がカリッと香ばしく、中はふんわりとろ~り。福田パンならではのもっちりとした食感もやみつきになる。メニューはメープルシロップをかけた「プレーン」のほか、自家製コンポートを添えた「アップル」、ソテーしたバナナとミカンが付く「チョコレート」、季節限定「ストロベリー」の4種類。香り豊かな自家焙煎コーヒーと一緒にどうぞ。

写真/
14時~17時の時間限定メニュー。手前から、明日香農園のイチゴを使った春限定の「ストロベリー」(734円)と、子供に人気の「チョコレート」(680円)。ドリンクを同時注文すると100円引き

詳細はこちら

しおそば

しじみだし香る中華そば

しじみだしがふんわり香る塩味ベースの中華そば。シジミから丁寧に取っただし汁に、鶏ガラなどの動物系スープをブレンドし、背脂が全体をまろやかにまとめ、モンゴル産岩塩のマイルドな塩味がコクとうま味を引き出している。あっさりとした口当たりの後に広がる、塩とシジミの深い味わいが印象的。シジミは主に津軽地方の十三湖産、シコシコ食感の極細ストレート麺には津軽小麦ネバリゴシを使用。津軽らしさ際立つ「鰺ヶ沢煮干そば」(800円)もおすすめ。

写真/
シンプルに見えて奥深い味わいの「しおそば」(700円)。ワンタンをプラスすると830円、チャーシューを追加すると900円

詳細はこちら

館ヶ森高原ポークのグリル マスタードソース添え

きめ細かく軟らかい肉質を絶妙の焼き加減で

シェフがほれ込んだ地元の銘柄豚・館ヶ森高原豚の魅力を堪能できる一皿。ロースまたは肩ロースを「この厚さでなければ味わえないおいしさがある」と大胆に厚切り。表面を焼き、休ませてから再び焼いてオーブンに入れる数段階の加熱によって、絶妙な焼き加減に仕上げ、きめ細かく軟らかい肉質の良さとうま味を最大限引き出している。2月にオープンしたばかりの同店。本格的な“地産地消イタリアン”を気軽な雰囲気で楽しめる。

キャプション
「館ヶ森高原ポークのグリル マスタードソース添え」(自家製フォカッチャ付き・ランチ1600円、ディナー1680円)。ランチはプラス300円でサラダ、スープ、ドリンクがセットでき、プラス450円ならさらにドルチェも付けられる

詳細はこちら

バックナンバー

なに食べる?なに食べる?なに食べる?なに食べる?なに食べる?

石焼きビビンバ

詳細はこちら

穴子丼

詳細はこちら

天ざるそば

詳細はこちら

美しい森

詳細はこちら

暮坪そば

詳細はこちら

そば前セット

詳細はこちら

週替わりランチ

詳細はこちら

詳細はこちら

岩手日日新聞社

IWANICHI ONLINE RSS

RSS購読の登録はこちら

いわにちリビング モバイル いわにちリビング お得なクーポン