岩手県南<盛岡・花巻・北上・奥州・平泉・一関・大船渡・陸前高田>・宮城県北の【ニュース・生活・ショップ情報満載】

けせん Ra・Shi・Ku

あなたの希望を教えて下さい

大船渡湾のカキを手軽に楽しんでほしい

 大船渡市の仮設商店街「大船渡屋台村」に今年1月、「牡蠣とワインのある店 湾岸食堂」がオープンし、カキ好きの間で早速人気になっている。気仙地域初のオイスターバーでシェフを務める及川東(あずま)さんは「地元の若い人たちが手軽にカキを楽しめる店にしたい」と料理に全力を注いでいる。
 大船渡屋台村は2011年12月に始動。震災後の地域を活気づけてきたが、5年たって空き店舗が出てくるようになった。屋台村は”にぎわいが身上“なだけに「夜の明かりを増やさなければ」と、大船渡湾を周遊する屋形船・潮騒の運営で同店が誕生。地元生産者と連携し、大船渡湾で養殖したカキを使っており、特殊な冷凍技術によって1年中生ガキが提供できる。五葉山の森の栄養が注ぎ込む豊かな海で育ったカキは絶品。及川さんはワインに合うさまざまな料理を提案しながら大船渡の夜を盛り上げている。営業時間は17時~23時、不定休。問い合わせ先は、0192(47)4131。

写真/
カキ好きにはたまらないメニューの前で笑顔を見せる及川東さん(左)とスタッフ

気仙の宝バックナンバー

取材日記

震災からもうすぐ4年

 あの日からもうすぐ4年。月日がたつのは早いものです。気仙の人たちは東日本大震災という絶望から立ち上がり、今日まで必死に前へ前へと歩みを進めてきました。
 今、気仙地域では高台移転の造成工事やかさ上げなど生活再建のための工事が進められています。仮設住宅から再建した自宅や災害公営住宅に移り住む人も増えてきました。
 まだまだ遠い道のりですが、復興を果たしたわが故郷を夢見て、笑顔いっぱいの毎日を送りたいものですね。

写真1
ガレキを撤去したばかりの町に掲げられた住民たちの気持ちがこもった看板(2011年7月・大船渡市三陸町で撮影)

写真2
気仙の復興を担う若者たちの笑顔(2015年2月・陸前高田市高田町で撮影)

取材日記バックナンバー

詳細はこちら

岩手日日新聞社

IWANICHI ONLINE RSS

RSS購読の登録はこちら

いわにちリビング モバイル いわにちリビング お得なクーポン