岩手県南<盛岡・花巻・北上・奥州・平泉・一関・大船渡・陸前高田>・宮城県北の【ニュース・生活・ショップ情報満載】

姿勢の話

KCS センター花巻 姿勢科学士 院長 浦田 志津子

転倒予防と姿勢

 骨粗しょう症で骨がもろくなると、骨折しやすくなります。寝たきりの原因の2位が骨粗しょう症・骨折と言われています。骨折の直接の原因として多いのは、転倒です。
 高齢になると、ふらふらしたり、足が上がらなくなったりして、転びやすくなります。転倒予防のために、足元に物を置かないことや、筋力をつけることも大事ですが、姿勢を良くすることもとても重要です。日頃の癖や骨粗しょう症により、背中が丸くなったり首が前に出たりして体の重心が狂ってしまうと、体の動きが悪くなり、バランス機能が衰えます。バランスが悪いままウオーキングや筋トレをすると、ますますバランスが悪くなりやすいので、まずは姿勢を良くしてバランスを整えることが、転倒予防・骨折予防、そして寝たきり予防につながります。
 姿勢についての知識を得て、自分の体を守りましょう。
 バランス自己チェック法として、目を開けたまま腰に手をあて、片足立ちをしてみましょう。1分間続かない方は要注意です。

KCS センター花巻

花巻市桜台2−1−32

0120-411-121

■バックナンバー

2016年2月26日
転倒予防と姿勢
2015年12月11日
猫背と平背
2015年6月26日
姿勢とO脚
2015年4月24日
姿勢と股関節
2015年1月16日
姿勢と「スマホ症候群」 ~スマホで猫背、急増中!!~
2014年10月24日
姿勢と子供の成長
2014年8月22日
姿勢と骨盤
2014年6月27日
悪い姿勢の代表格、猫背を知ってみよう!
2014年4月25日
スマホ症候群
2014年2月28日
手や肘の痛み

 次のページ

詳細はこちら

岩手日日新聞社

IWANICHI ONLINE RSS

RSS購読の登録はこちら

いわにちリビング モバイル いわにちリビング お得なクーポン