岩手県南<盛岡・花巻・北上・奥州・平泉・一関・大船渡・陸前高田>・宮城県北の【ニュース・生活・ショップ情報満載】

staffblog

ゴールデンスランバー

2016年5月12日

 

 

こんにちは。

 

5月の連休が終わると7月まで祝日がない!

私が国会議員に立候補したなら、「6月に祝日を制定する」を公約に掲げますね。

(そんな予定はないですが、本当に作ってほしいです)

 

さて、今回紹介する映画は中村義洋監督「ゴールンデンスランバー」です。

 

ゴールデンスランバー

 

仙台市で金田首相のパレードが行われる日、宅配業者の青柳(堺雅人)は

久しぶりに友人の森田(吉岡秀隆)と会う約束をしていた。

青柳は2年前、配達中にアイドルの凛香(貫地谷しほり)を暴漢から助けたことで

一躍時の人となっていた。そんな青柳に森田は「お前、オズワルドにされるぞ」と言い、

二人の乗った車の後ろの道でパレード中の首相が暗殺される。

「とにかく逃げろ!」という森田の言葉に従って車を降りたところ、車が爆発する。

わけがわからないまま逃げるが、テレビでは青柳が首相殺害の犯人であるという報道がされていた。

青柳は自分を犯人に仕立て上げようとしている人間がいることを思い知り、

様々な人の手を借りて逃走する、というのがあらすじです。

 

原作は伊坂幸太郎の小説で、2007年の本屋大賞、山本周五郎賞などを受賞した

ベストセラー作品です。

オズワルドとはジョン・F・ケネディを暗殺したとされる人物ですが、

青柳も首相暗殺の犯人として警察に追われることになります。とんでもなく理不尽…!

無実を証明しようとしても、暗殺に使用したとされるラジコンヘリを操作する人物を

撮影した映像は青柳そっくりの人物。次第にマスコミも過去の青柳の映像を持ち出しては

それらしい表情をしたところをピックアップして「今にして思えば人を見下すような

目をしている」などと言う始末。クリーンなイメージから一気にダークなイメージを

植えつけられ、自分を知らない人間から一方的に疑われます。

根拠があってもなくても疑えますけど、信じるって根拠が必要だから誰にでもできる

わけではないんですよね。

 

八方塞がりの青柳ではありますが、そんな中でも元カノ、大学時代のサークルの仲間、

職場の仲間、そして助けたアイドルなど彼を直接知っている人間は周囲の情報には

踊らされず、彼を信じ続けます。

伝聞ではなく、青柳本人と直にやりとりをした人間にしかわからない、

そういう常日頃からの信頼関係が彼を窮地から救いだしてくれるのですが、

伊藤四朗演じる父親の一言は、胸にジーンとしみました。

 

原作もそうですが細かな伏線が張られています。

花火大会のバイトしている設定も映画らしい派手なラストシーンへの伏線となっています。

この作品はオール仙台ロケで、仙台駅はじめ、勾当台公園、定禅寺通り、藤崎デパート、

広瀬川など「あ!ここ知っている!」というシーンが多いかもしれません。

劇中ではとにかく青柳役の堺雅人が仙台市内を走りまくっています。

2009年の5月に撮影をしていたので、ちょうど時期的に今と同じですし、

ロケ地巡りには絶好かもしれませんね。

私は運よく当たりまして堺雅人、竹内結子、中村監督が出席した舞台挨拶にも行ったのですが、

本好きな竹内結子は滞在していたホテル近くの本屋さんによく出没していたそうで、

私もその本屋さんをよく利用していたのに、一回もお目にかかれなかったのが残念でした…。

 

 

中村監督は今までにも4作の映画を宮城・仙台で撮影いるのですが、

宮城・大和町の実話を映画化した時代劇「殿、利息でござる!」が

今週末14日から全国ロードショーになります。

 

殿、利息でござる

 

今から250年前の江戸時代、藩からの年貢に苦しみ、夜逃げが絶えない宿場町・吉岡宿。

知恵者・篤平治(瑛太)の仙台藩に金を貸してその利息を町のために使う、

というアイディアを十三郎(阿部サダヲ)が中心となって進めていきます。

1000両集めるのですが、今の金額にするとおよそ3億円!

節約を重ね、私財を投げ打ってお金を集めるが・・・、というのがあらすじです。

宮城では先週7日から先行上映が始まっておりまして、私もさっそく観てきたのですが、

町のため、子孫のためになんとかしたい!という十三郎の熱い思いが波紋となって

その波紋に触れた人々がさらに共鳴していく、この連鎖に胸が熱くなりました。

仙台出身のフィギュアスケーター・羽生結弦の出演も話題となっておりますが、

素晴らしいストーリーでしたので、ぜひ多くの方に見ていただきたいです!

 

さて、青柳たちが学生時代に花火職人のもとでバイトをしており、

花火がキーになっているので、次回は花火つながりの映画を紹介します。

新潟県小千谷市片貝町の花火大会とその町に暮らす引きこもりの兄と病気の妹を描いた

実話を元に描かれた映画です。

(敬称略)

 

 

カテゴリー: あっちゃんの道草していきませんか By