岩手県南<盛岡・花巻・北上・奥州・平泉・一関・大船渡・陸前高田>・宮城県北の【ニュース・生活・ショップ情報満載】

staffblog

サマーウォーズ

2016年6月23日

 

 

こんにちは。

 

梅雨になると私はこのブログの初回で紹介した新海誠監督「言の葉の庭」が観たくなります。

新海監督の最新作「君の名は。」が8月26日に公開になります。

今から楽しみです。

 

さて、今回紹介するのもアニメーション映画です

細田守監督「サマーウォーズ」です。

 

サマーウォーズ

 

国際数学オリンピックの代表に漏れた高校2年生の健二(声:神木隆之介)がしょぼくれ、

仮想空間OZ(オズ)のメンテナンスのバイトをして夏休みを過ごしていたところ、

憧れの先輩・夏希(桜庭ななみ)に長野の祖母・栄(富司純子)の家に一緒に行くという

バイトに誘われる。向かった先は武家の血筋を引く由緒正しき陣内家。

あまりの大きさに圧倒される健二。栄の誕生日のために集まった大勢の親戚一同を前に

夏希にフィアンセとして紹介され、慌てふためく。

その夜、健二の携帯に「Solve me(解いて)」と謎の数列が書かれたメールが届き、

数学の問題だと思い解いて返信したところ、翌朝大変な事態に…、というのがあらすじです。

 

仮想空間OZというのは今のSNSの超拡大版といったところでしょうか。

自分の分身となるアバターを設定してOZ内で買い物もできるし、

瞬時に翻訳してくれるので世界の人達とコミュニケーションをとることも可能、

スポーツ観戦をしたり、公的な手続きもできちゃうのです。

超便利!

その仮想空間は高度なセキュリティで守られているのですが、そこにラブマシーンという

AI(人工知能)が跋扈し、人のアカウントを盗んではその人に成りすまし、

システムに悪さを加え、それが現実世界にも悪影響を及ぼしてしまいます。

カーナビがおかしくなったり、消防や救急に不要不急の指令が入ったり。

健二も自身のアカウントを盗まれ、この混乱の犯人に仕立て上げられてしまうのです。

 

なにやら大変なことが起きている…!けど、現実世界、とりわけ陣内家は、

おばあちゃんの誕生会をどうやって執り行うか、という事の方が一大事。

田舎の牧歌的な生活が普段通り営まれている、この対極な描かれ方が私は大好きです。

食卓にのぼる夏野菜の数々、そして親戚が一堂に会して食事をする風景は

幼い頃に行った夏休みのおばあちゃんちを思い出す人も多いと思います(私はそうでした)。

しかし、このラブマシーンを開発したのは栄の夫の妾の子・侘助(斎藤歩)で、

一族の財産に手を出して姿を消した鼻つまみ者。

アメリカから久しぶりに帰ってきたと思ったら世間を混乱の渦に落としいれた張本人が目の前に…。

そんな侘助に槍で襲い掛かる栄おばあちゃんが勇ましすぎますが、

AIを開発しそれで得たお金を恩返しとして栄おばあちゃんに返そうとしているので、

なんだか憎めない…。

この混乱を身内が起こしたならば身内で方をつける!と栄おばあちゃんが発破を掛け、

陣内家及び健二は事件の解決に乗り出します。

こんな田舎の普通の家に何ができるのか?と思うかもしれませんが、

この一族、なかなかのツワモノ、曲者揃いなのです。

ひとりひとりは普通の人かもしれませんが、三人寄れば文殊の知恵と言います。

総勢27人(+犬)でラブマシーンに挑みます。

 

ネットなどの最先端などを描きながらも栄おばあちゃんは黒電話を使っていたり、

世間が混乱しているさなかに日本の夏の風物詩である高校野球の地区予選の試合に

一喜一憂していたり、対極のことが描かれているのですが、

家族や親戚、昔ながらの付き合いによる現実世界のつながりと

ネット上の顔も名前も知らない世界中の人との新しいつながりが世界を救う、

という古きのよさも新しきのよさを同時に描いているところが、

この映画の素晴らしいところだと思います。

私は全然花札のルール知らないんですが、陣内家と一緒に「こいこい!」って言いたくなるし、

パソコンのエンターキー押しながら「お願いしまぁぁぁす!」って叫びたくなる(はず)です。

分かりやすいストーリーなので小さい子も楽しめるし、大人が見てもなかなか深いので、

親戚一同が集まった時の一本にぜひ!

 

 

さて、2013年6月に始めましたこのブログですが、今回で更新終了となりました。

私の独断と偏見で本や映画を連想して紹介してきましたが、

紹介されてた本読んだよ~!おもしろかった!という声もいただき、大変うれしかったです。

これ紹介するのどうかな~?と思いつつ紹介したマーカス・デュ・ソートイ教授の

「素数の音楽」に一番レスポンスがあったのには驚きましたし、

数学は好きだけど本はあまり読まない方が興味を示してくれた本でもありました。

こういうふうに思わぬところに興味のタネは転がっているものです。

これからもたくさん道草して、未知の草花を発見していきましょう。

ありがとうございました。

 

 

 

カテゴリー: あっちゃんの道草していきませんか By